スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「斜陽」
未だか 未だかと

過ぎ行くままに尋ねてみたとて

一たび滲めば 声も出ず

ただただ只管 徒に

鳴らぬ口笛吹く家路

焦がれながら

焦がされながら
スポンサーサイト
【2007/10/24 22:39】 | 詩: 「独白」 | コメント(2) | page top↑
たゆたう 水面に。
深い茂みを分け入って
愛する意味を叫んでみた

心を空っぽにして
からだを濡らして 叫んでみた

隣に眠る君は
実に恍惚な表情で
満月を見上げている

嗄れた喉に君の冷えた指が絡まって
足も思考も絡まって
すっかり叫ぶ事を忘れてしまったよ

総てを見透かしていたのは
湖面にたゆたう朧月


【2007/05/19 20:11】 | 詩: 「君へ」 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
本当の幸い。
「今一番、何を手に入れたい?」

「それを聞いてどうするのさ。」

「どうもしないよ。」

「じゃあ、云わない。」

「どうもしないけど、でも、どうにかして欲しいんでしょ?」

「・・・・・」

「笑い方を、思い出したいのでしょ、」

「・・・・・」

「・・・・・」

「・・・たいんだ・・」

「なんですって?」

「・・・幸せに、なりたいんだ。」

「幸せ?」

「そう、幸せ。」

「じゃあ貴方が思う幸せってどんなものよ。
笑い方を忘れた今の貴方が理想とする幸せって、
一体どんなものなのよ。
何時までも夢から醒められない貴方の本当の幸せって、
どこにあるの、」


「何処にあるのだろうね、」

「何処にあるのよ。」

「何処に、あるのだろうね。」

「何処にも無いわよ。」


「ただひっそりと、生きたいんだ。」

「・・・・・夢から醒めなきゃ・・・、其処に私はいないじゃないっ」

「ひっそりと、生きてみたいんだ。」















――”しあわせ”とは、「心」が「笑う」と書く。――
【2007/05/14 21:16】 | 詩: 「独白」 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
泡沫に眠る。
体いっぱいに吸い込んだ
緑花と泡風

とてつもなく軽い
ふわり
白いシャツ翻し
ひらり

眠っていたんだね
ほら すっかり
季節も流れていったんだよ
世界は色を変えて
諾々と流れていったんだよ

ふわりふわり ひらり
泡沫のまどろみ

そよぐ風花と渡り鳥が
そっと囁いた

「おはよう」 と。
【2007/05/14 21:12】 | 詩: 「独白」 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
陽だまり。
ジャングルジムにのぼる君の影が
長く長く伸びた頃
遠くの方から僕らを呼ぶ声

君は一目散に声の方へ駆けて行って
その後ろを僕はゆっくりとついてゆく

僕らの影はこれ以上ないほどに伸びきって
繋いだ手のぬくもりから

ここが陽だまりの場所 なのだと

強く感じたんだ


ジャングルジムにのぼる僕の影は
どこまでも どこまでも伸びていって
これ以上ないほど伸びきって

伸びきったところでそれは段々に
輪郭をあやふやにして
少しずつ 少しずつ
闇と一つになってゆく


僕を呼ぶ声は
僕が呼ぶ声に


今日も背中だけが あたたかい
【2007/04/30 14:09】 | 詩: 「君へ」 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。